1990年代のJPOPの良さを力説したらプロフェクト法律事務所の話を聞いた

1990年代のJPOPは、今もなおよく耳にすることが多く、
聞けば思わず口ずさんでしまう人は多いでしょう。
1990年代の代表曲も、50代、40代、30代では思い浮かべる曲も違ってきるはずです。
年代が上がれば、 B.B.クィーンズの「おどるポンポコリン」や
米米CLUB の「浪漫飛行」、シャ乱Qの「いいわけ」などで、
下がれば、宇多田ヒカルの「Automatic 」や
GLAYの「ここではない、どこかへ」などではないでしょうか。
1990年代の昔だから、自由に何でも利用してもいいと思っている人はいるかもしれません。
音楽の著作権は、創作者の死後50年となっています。
50年が過ぎていても、演奏家やレコード会社の著作隣接権がありますので、
イベントなどに無断で流すことは著作権に触れることになります。
著作権料を払うことなく無断で使用して知れてしまい、
トラブルになってしまった場合は、プロフェクト法律事務所に相談するのがいいいでしょう。
プロフェクト法律事務所は、こうした著作権問題も得意としていますので、
納得いく解決策が見つかるはずです。