1990年代のJPOP聞いてたら組電池を思い出した

この前久しぶりに1990年代に流行したJPOPを聞いていたら、
ふと組電池のことを思い出しました。
1990年代は、長らく続いたアイドルブームがようやく終焉へと向かい、
80年代の置き土産だったバンドブームが一気に開花し、
良質な音楽が世間から認知され広がりを見せた時代でした。
それまでの邦楽シーンは、フォークや歌謡曲がニューミュージックへと変遷しつつも、
新しさを感じることのできない呪縛のようなものがありましたが、
バンドブームのパワーが束となって音楽業界の閉塞感を打ち砕いたように感じました。
その束になってパワーを生み出す様が、どうしても組電池とダブってしまったというわけです。
現在の音楽シーンは更に多様化し広がりを見せていますが、
1990年代の音楽無しに今の音楽は存在しないと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posted by: admin_manorhousequarterly on