製本業をしているけどビジュアル系JPOPが大好きです

製本業に従事していて考えるのは、この先この紙媒体は
どうやったら生き残っていけるのか、ということ。
データは無機質なのでやっぱり手の感触を大事にする紙、そして本は良いと言われますが、
そのくらいでは不安は解消されません。
先日某CDショップに行って、大好きなビジュアル系JPOPのCDを買ってきました。
それを聴きながら、自分はいつまでもこういう音楽が好きであり続けるだろうと確信したのでした。
ビジュアル系もJPOPもかっこいいと言われたりダサいと言われたり、
そんなトレンドや浮き沈みを経ながらも、ずっと愛されているものです。
同じように紙媒体も、今後も大事にされていくだろうと思いました。
こだわりを持っていれば、残っていく、伝わっていくものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posted by: admin_manorhousequarterly on